top of page

韓国・ソウルのPace Galleryにて、名和晃平の個展『Cosmic Sensibility』を開催いたします

本展では彫刻と絵画にまたがった5つの作品シリーズを一堂に展示し、アートの知覚的、感覚的、現象学的な可能性に対する関心を紹介いたします。タイトルの『Cosmic Sensibility』は、私たち一人ひとりの生が宇宙という織物に絡み合っていることを示しており、これは名和の恩師で、宇宙と生命の関係を問い続けた彫刻家・野村仁氏へ捧げるオマージュでもあります。



1階では、流動するシリコーンオイルがセルの生成と流動をトレースするインスタレーション《Biomatrix (W)》が、高粘度の液体のさまざまな段階を3Dモデリングし、それに基づいて造形される彫刻シリーズ《Ether》とともに展示されます。


2階では、名和の代表作である彫刻シリーズ《PixCell》にスポットを当て、増殖するセルの世界へと鑑賞者たちをいざないます。今回展示される新しい《PixCell》シリーズは、オブジェクトと生物の奇妙な組み合わせを特徴としており、これらはシュルレアリスムの歴史を参照しつつ、テクノロジーが現実と仮想の境界を壊乱する現代における新たな質感をあらわしています。


3階では、黒一色で仕上げられた新作彫刻シリーズ《Spark》があらわれます。カーボンファイバーロッドとベルベットによるその大胆で謎めいた姿は、励起したセルのエネルギーがつくりだす現実の裂け目を想起させます。また同スペースでは、3種類のグレーのベルベットで仕上げられた《Rhythm》シリーズも展示され、自然界の循環性と複雑性に対する探求を示しています。


3フロアにまたがる作品を通じて、セルの流れと一体化した鑑賞者は、それぞれの宇宙感性の芽吹きを実感することでしょう。生物から宇宙まで広がる名和の思索と実践を、ぜひご高覧くださいませ。

 

展示期間:2023年11月22日(水) - 2024年1月6日(土)

開館時間:10:00 - 18:00

閉館日:月曜、日曜

会場:Pace Gallery


Photo: Nobutada OMOTE

Comments


bottom of page