top of page

Dan McCarthy と桑⽥卓郎の2⼈展「Dear Friend」がKOSAKU KANECHIKAで開催中

KOSAKU KANECHIKAでは、2022年3⽉5⽇から4⽉9⽇まで、Dan McCarthyと桑⽥卓郎の2⼈展「Dear Friend」が開催されます。



国際的な現代アートシーンにおいて、セラミック作品の潮流は2014年頃にピークを迎えたと⾔われています。多くのアーティストたちがセラミックを制作に取り⼊れ、また以前からセラミックを専⾨としてきたアーティストが再発⾒されるという流れがありました。2014頃以降もその活発さは保たれ、セラミックは現代彫刻においてひとつの分野として確⽴されたと⾔えます。


桑⽥卓郎 Takuro Kuwata - Untitled, 2022

その潮流の初期の頃から、Dan McCarthyと桑⽥卓郎の作品はそれぞれ、いわばアイコン的な存在として常に注⽬を浴びてきました。まずそのビビッドな⾊合い、プレイフルな造形McCarthyの顔のモチーフの「Facepot」、桑⽥の⼤胆な釉薬表現の梅花⽪(かいらぎ)の茶碗が鑑賞者を惹きつけます。そして作品をよく⾒ると、そのキャッチーさを⽀えている技術的な洗練に気づきます。釉薬の探索、焼き⽅、⾦継や⽯爆(いしはぜ)といった陶芸の技術の応⽤など。ただ、このふたりのアーティストに共通するのは、その技術⾃体を追求するのではなく、素材の特徴を⽣かし、そして尊重しながらも、別のカルチャーや時代性から客観的にとらえる視点を持つことによって、セラミックという媒体をより広い⽂脈に位置づけ、新しい領域を切り拓いているということです。⽕を使い、焼いてみないと結果がわからないという、セラミックが持つある種原初的な過程を、敬意を持ちながら楽しんでいる彼らの作品は、⾃由について多くの⽰唆を与えてくれます。



今回⽇本での発表が初めてとなるMcCarthyは、この展覧会に以下のコメントを寄せたようです。


私は直感から⼊る。

器は何かを⼊れる容器で、これから⼊るかもしれない何かの形を取る。

器とはどういった物で、何が⼊るのか。制作は質問から始まる。

⾃分の⼿で作られた器は、私の考えなしに可能性に問いかける。

湿った陶⼟が乾き、釉薬を覆い、⽯のように固まる。

作ることの⾃由が可能性を描写する。

制作というものは、⾏動のみを求める。

作品は、初めて⼀体になったときに完成する。

完成した器は、誰かのための何かを封じ込み、 共有の経験となる。

未来を動かし指し⽰す、 ⾃分と相⼿に⾃由を与えられる作品を作りたい。


Dan McCarthy Jan. 18, 2022



本展は、McCarthyの作品に⾃分の作品と通じるところを⾒出す⼀⽅で、まったく違うアプローチをしていると感じていたという桑⽥の発案から実現しました。⾃然や素材といったものと対話すること によって制作をするMcCarthyと桑⽥は、お互いの作品をそれぞれ理解してきたことは想像ができます。今回展覧会においてフィジカルに出会うことで、作品同⼠はより親密な、恐らく⾔葉よりももっと繊細に伝え合う⾔語によって、対話をはじめます。その出会いに鑑賞者は⽴ち合い、そして時には媒介となることでしょう。桑⽥はこの展覧会を、これからの⾃⾝の制作の⽅向性を掘り下げる原点となるだろうと予想しています。本展は、現代アートにおけるセラミックの潮流にとっても、意義深いものとなるでしょう。McCarthyのペインティングを含む15点と桑⽥の15点を展⽰する本展の展⽰空間は、建築家の⽯⽥建太朗によって設計されます。この機会に是⾮ご⾼覧ください。


1. Dan McCarthy - Safflower Sunflower, 2016 (left)

桑⽥卓郎  Takuro Kuwata - Untitled, 2022 (right)

2. Dan McCarthy - Silver Mask, 2015-2020

3. Dan McCarthy - Soap, 2021

 

展覧会名

Dan McCarthy & 桑⽥卓郎「Dear Friend」

展覧会会期

2022 年 3 ⽉ 5 ⽇(⼟)− 4 ⽉ 9 ⽇(⼟)

開廊時間

11:00 − 18:00 ⽇・⽉・祝は休廊

会場

KOSAKU KANECHIKA

東京都品川区東品川 1-33-10 TERRADA Art Complex 5F 03-6712-3346

*⼊場無料

 

Dan McCarthy(ダン・マッカーシー)

1962 年ハワイ・ホノルル⽣まれ。San Francisco Art Institute でペインティングとセラミックを学び、1984 年にBFAを取得。現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点に制作しています。近年の個展に「BirdPots」(Baldwin Gallery、コロラド、2022)、「rainbow paintings & ceramics」(Rodolphe Janssen、ベルギー、2021)、「7 Bangers」(Anton Kern Gallery、ニューヨーク、2019)が、主なグループ展に「Show 1」(Airfield Gallery、ニューヨーク、2021)、「Pacific Coast Ceramics」 (Galeria Mascota、コロラド、2020)、「36 Paintings」(Harperʼs Books、ニューヨーク、2020)などがあります。作品は ICA マイアミ、アイシュティ財団、ニューヨーク近代美術館などに収蔵されています。


桑⽥卓郎(くわた たくろう)

1981年広島県⽣まれ。2001年に京都嵯峨芸術⼤学短期⼤学部を卒業後、2002年に陶芸家の財満進⽒に師事、2007年に多治⾒市陶磁器意匠研究所を修了し、現在は岐⾩県多治⾒市で制作しています。主な個展に「ZUNGURIMUKKURI」(Salon 94、ニューヨーク、2021)、「today」(Pierre Marie Giraud、ブリュッセル、2019)、「From Tea Bowl」(Alison Jacques Gallery、ロンドン、2016)など、主なグループ展に「⼯芸未来派」(⾦沢21世紀美術館、⽯川、2012)、「Japanese Kōgei | Future Forward」 (the Museum of Arts and Design、ニューヨーク、2015)、「和巧絶佳」(パナソニック汐留美術館など4会場を巡回、2020-22)があります。2018年には LOEWE Craft Prize 2018 の特別賞を受賞。作品はルベル・コレクション、パームスプリングス美術館、⾦沢21世紀美術館、ミシガン⼤学美術館、シカゴ 美術館などに収蔵されています。

Comments


bottom of page