top of page

Gen de Art× Samuel Leuenberger対談:2023年アートバーゼルParcours - 「Word of Mouth」で空間と表現を再定義

緊迫した雰囲気の会話の中で、Gen de Art誌は、2023年のアート・バーゼル内で開催されるParcoursのキュレーター、サミュエル・ロイエンベルガー氏と対談し、今年の見どころを探ります。ロイエンベルガー氏は、Parcoursセクションの壮麗さ、アートを展示する革新的な手法、そして伝統的な枠組みに挑戦する意図を解説します。彼は、非伝統的な空間での展示の企画と成功の秘訣を熱心に語り、Parcoursを刺激的で絶えず進化する芸術の冒険へと育て上げています。


サミュエル・ロイエンベルガー氏

Gen de Art:先ほど「アートが描かれる可能性がある場所なら、どこでもParcoursが創造されうる」と仰っていました。Parcoursについて学ぶことはとても魅力的ですし、多くの人が今年、2023年に何が展開されるのか熱心に注目しています。今年のParcoursでは全体的に何が期待できるのでしょうか?また、これまでの年と比べてどのような違いがあるのでしょうか?

ロイエンベルガー:今年のParcoursは、これまでに実施した中で最も多様で規模が大きいものです。8年目を迎え、どのような流れがうまく機能するか、何が効果的でないかについて、さらなる理解が得られています。毎年のように、観客には驚きが待っています。私はアートの展示方法において、場所やプレゼンテーションの観点から、従来の手法に挑戦し、彫刻や公共空間におけるアートの定義を再考したいと思っています。そのため、私は非典型的な展示空間を模索しており、例として、Cally Spoonerによる音響作品のための水道トンネルや屋根裏部屋を活用しています。さらに、公園に彫刻を展示するようなことをしています。私は常に、新しい視点でアートを展示する手法を探求しています。

Gen de Art:Parcoursを構築するにあたって、どのようにして作品やアーティストを選定していますか?

ロイエンベルガー:これは3つの要素が組み合わさったプロセスです。まず、私が個人的にコラボレートしたいと考えているアーティストのウィッシュリストがあり、彼らにアプローチします。次に、私が尊敬するギャラリーに連絡し、彼らがサポートするアーティストの推薦を受けます。最後に、Parcoursに参加するギャラリーは、私が直接依頼するかどうかにかかわらず、提案を送ることができます。時々、思いがけない提案が寄せられ、私の関心を引くことがあります。最終的には、これら3つのソースから選択します:私が個人的に魅力的だと感じるアーティスト、ギャラリーからの推薦、そして提案の中から興味深いもの。

Installation view: Tony Cokes, Some Munich Moments 1937–1972, 2022 in: Tony Cokes, Fragments, or just Moments, underpass between Kunstverein München and Haus der Kunst, 2022

A collaborative project between Kunstverein München and Haus der Kunst, Munich

Courtesy the artist, Kunstverein München e.V., Haus der Kunst, Munich, Greene Naftali, New York, Hannah Hoffman, Los Angeles, and FELIX GAUDLITZ, Vienna

Photo: Max Geuter.


Gen de Art:今年のParcoursのテーマは「Word of Mouth」ですね。このテーマをどう選び、考えたのですか?また、今年の主な見どころを教えていただけませんか?

ロイエンベルガー:このテーマは、我々が感銘を受けた作品についてどのように話し、それを広めるか、ということに関連しています。現代では、多くのアーティストが作品を通じて複雑なメッセージを伝えていることに私は深く魅了されています。美しさだけでなく、多くのインスタレーションには政治的、社会的、地理的な背景が込められています。私はアーティストと観客との間で生じる言葉にないコミュニケーションに特に興味を持っています。作品について執筆したり、議論する際、言葉では表現できないコミュニケーションをどのように反映するかという課題があります。プロジェクトの紹介や推薦の仕方が、人々がそれを訪れるかどうかに大きく影響します。例えば、水道トンネルでのプロジェクトを冒険的であり、そこには鳩や水たまりがあるかもしれないと紹介すれば、人々は興味を抱き、他の人にも勧めるかもしれません。言葉と非言語的なアートの間の相互作用を探ることは、非常に興味深いです。このテーマはParcoursの多くの作品を通じて探求されます。

Hank Willis Thomas at Kunstmuseum Basel

Gen de Art:非伝統的な空間でParcoursの展示を開催する際に直面する課題は何ですか?また、それらをどのようにして克服していますか?

ロイエンベルガー:Parcoursを実施するには、多くの複雑さが伴い、感情的な波が激しいことがあります。プロジェクトが開催直前に変更される可能性にも備える必要があります。私たちは公共の場で作業しており、これには多くの不確定要素が含まれています。許可を取得したり、近隣住民の騒音や照明に関する苦情に対処したり、警察が提出する安全上の問題に対処するなど、さまざまな課題が生じます。各空間は独自の障壁を持っているため、柔軟な問題解決が求められます。場合によっては、プロジェクトが特定の場所に適していないことがあり、追加のセキュリティ対策が費用を高騰させることもあります。終わりまで息を抜くことはできません。今年は最初に29のプロジェクトを計画していましたが、様々な理由から調整が必要となり、最終的には24のプロジェクトに絞りました。それでも、これは変化に富んでおり、エキサイティングなプロセスです。


Kommentare


bottom of page