top of page

新国立劇場 こどものためのバレエ劇場 2024『人魚姫』~ある少女の物語

「こどものためのバレエ劇場 2024」公演が、貝川鐵夫氏振付の新国立劇場バレエ団委嘱作品・世界初演『人魚姫』に決定!


人魚姫

植田和子による衣裳デザイン画(人魚姫)


振付を手掛けるのは 2022 年まで新国立劇場に 22 年間ダンサーとして在籍した貝川鐵夫氏。バレエ団の中から振付家を育てるプロジェクト「NBJ Choreographic Group」に発足当初から参加し、いくつもの作品を発表。21 年新国立劇場 <子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ> 『Super Angels スーパーエンジェル』でも振付を担当するなど、振付家として意欲的に活動しています。

クリエイティブスタッフには新国立劇場でも数多くの作品の美術を手掛けてきた川口直次氏、貝川氏と協働を重ねてきた衣裳デザイナーの植田和子氏が加わり、誰もが知るアンデルセン童話の「人魚姫」をモチーフにした新作バレエを貝川氏と共に創り上げます。

人間の世界に憧れた人魚姫が海の外で出会うのは、恋の喜び、悲しみ、そして...... この世の不条理に触れた人魚姫の切ないラブストーリーを、新国立劇場バレエ団から誕生するオリジナルバレエとして披露されます。


新国立劇場 こどものためのバレエ劇場について

新国立劇場では、次世代を担う子どもたちが、優れたバレエ芸術に触れられる機会を提供する目的で、2009 年より「新国立劇場 こどものためのバレエ劇場」を実施されています。お子様の「バレエ観劇デビュー」を考えながらも、全幕のバレエを観るには少し早いと感じていらっ しゃる低年齢層のお子様がいらっしゃるご家庭や、初めてバレエをご覧になる方々に向けて、バレエの 美しさ 、楽しさを 1 時間半前後に凝縮 た『 し らゆき姫 』 (2009 年) 、『シンデレラ』(2012 年 )、『白鳥の湖』(2016 年)、『竜宮 りゅうぐう』(2020 年)と新制作上演を重ねてきました。

2023 年には、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ「First Steps:Swan Lake」を日本向けにアレンジし、ナレーターによる、バレエの舞台を構成する要素の解説やストーリー展開のナレーションなどを挟みながら、第 3 幕を中心に『白鳥の湖』の魅力を凝縮した「エデュケーショナル・プログラ ム『白鳥の湖』」を上演。 いずれも、子どもにとって身近な原作をもとにした、わかりやすい語り口でつくられていると同時に本格的なクラシック・バレエとして振り付けられ、お子様連れの大人の方にも十分見ごたえのある作品として仕上げられています。


吉田都舞踊芸術監督よりメッセージ

2024 年夏、「こどものためのバレエ劇場『人魚姫』」を世界初演いたします。 今回の企画は新国立劇場バレエ団から振付家を育てるため、デヴィッド・ビントレー元舞踊芸術監督の発案・監修のもとに発足したプロジェクト「NBJ Choreographic Group」において、「全幕バレエを」という構想からスタートいたしました。2021 年に「物語バレエ」をテーマに作品を募集し、貝川さんの『人魚姫』を「こどものためのバレエ劇場」の新作として膨らませることとなりま した。 童話として親しまれている『人魚姫』をバレエにすることで、お子様やバレエにあまり馴染みのな い大人の方がバレエを楽しまれ、身近に感じてくださることを期待しております。バレエは言葉を発しないため、子どもたちの受け止め方は無限で、さまざまな想像をかき立てられることでしょう。「子どもたちの想像力・創造力を豊かにしたい」。貝川さんや私が「こどものためのバレエ劇場」へ向けて持つ思いです。新国立劇場、そして「こどものためのバレエ劇場」がお子様たちの未来を育む場になるよう、努めてまいります。


人魚姫

川口直次による舞台装置デザイン画

 

新国立劇場 こどものためのバレエ劇場 2024

『人魚姫』~ある少女の物語~ <新国立劇場バレエ団委嘱作品・世界初演>


日時: 2024年7月27日~30日(全8回公演)


会場: 新国立劇場 オペラパレス


チケット発売:

アトレ会員先行販売期間: 2024 年 4 月 27 日(土)10:00~5 月 8 日(水)

新国メンバーズ先行販売期間: 2024 年 4 月 28 日(日)10:00~5 月 8 日(水)

一般発売日: 2024 年 5 月 12 日(日)10:00~


ウェブサイト:


写真の提供:新国立劇場


Commentaires


bottom of page