top of page

シェフ・アントニオ・グイダ: ミラノの秘宝、「Seta」における創作料理の一端

ミラノの中心部にひっそりと存在するレストラン「Seta」は、その卓越したイタリア料 理とシェフ・アントニオ・グイダの創造的なメニューで評価を受けています。料理への 深い愛情と革新への志向性を兼ね備えたグイダ氏は、料理界で注目すべき道を切り開い てきました。ミシュラン二つ星を獲得している「Seta」で、グイダ氏が生み出す美食の 世界へ一緒に旅をしてみませんか。

Chef Antonio Guida


情熱と探求心による料理の旅路

「私が子供の頃、母のミケリーナは料理に情熱を注いでいました。その影響で私は料理 の香りと味に囲まれて育つことができました」とシェフ・アントニオ・グイダは回顧し ます。この幼少期の経験が彼の料理への愛情を燃やし続け、現在のキャリアを追求するきっかけとなりました。グイダ氏の料理の旅は、料理の専門学校での形式的なトレーニングから始まり、彼はその技術を磨くために5年間を費やしま した。 その間、彼は地元のパティスリーでインターンシップを経験し、菓子作りの繊細な芸術 に魅了されました。グイダ氏は語ります。「パティスリーで過ごした時間は私にとって 大きな変化をもたらしました。菓子作りの複雑さと美しさを発見し、その繊細な技術に 深い尊敬の念を抱くようになりました。」


世界を巡りながらの料理の発見

グイダ氏の探求心は彼を世界中の冒険に導き、多様な料理文化に触れさせる貴重な経 験を提供しました。彼は謙虚に振り返ります。「私はクルーズ船で働き、フランスの一 流レストランでスキルを磨き上げました。業界で最も尊敬されるシェフたちから学びを 得ました。特にパリのピエール・ガニェールのチームに参加したことは、私のキャリア における節目となりました。ここで私は自分の技術を洗練させ、食材の本質的な重要性 を理解し、一見リスクを感じさせる異なる成分の組み合わせを研究しまし た。」 イタリアに戻ったグイダ氏は、フィレンツェのエノテーカ・ピンキオーリや、ミシュラン 星を獲得したアマルフィ海岸のドン・アルフォンソなど、高名な施設で働く機会を得ま した。そして、タスカニア海岸に位置する象徴的なホテル、イル・ペリカーノのエ グゼクティブシェフに任命され、初めてミシュラン二つ星を獲得したとき、彼にとって の大きな転機が訪れました。


「Seta」で出会う革新とイタリアの伝統

「Seta」は、シェフ・アントニオ・グイダがイタリア料理に斬新で現代的なアプローチ を取り入れ、各料理を見事に調理する場所として評価されています。グイダ氏は、イタ リアの伝統に敬意を表しつつ、自身の料理スタイルを恐れずに導入しています。彼の創 造性は、彼の看板メニューであるラズベリーパウダーとハーブクリームのリゾットによ く表現されています。「この料理は、ミラノの伝統と芸術的な独自性が融合したもので す。リゾットにハーブクリームとラズベリーパウダーを繊細に混ぜ込むことで、私たち のゲストに驚きと喜びをもたらす風味の交響曲を創り出します。」と彼は説明します。 また、目を引く創作品として、南イタリアから取り寄せたフリッジテッリ(緑色のピーマ ン)とポテト、シャンパンソースのオイスターがあります。グイダ氏の目は輝きます。 「一見すると、この組み合わせは伝統的ではないかもしれませんが、風味は見事に調和 します。リスクを恐れず、絶妙な味わいの組み合わせを模索する、 私のアプローチを象徴しています。」


一つ一つの料理は、グイダ氏の情熱と見事な技術、厳選された最高の食材から 生まれます。「信頼できる農家や供給者から直接仕入れる食材の品質は最高です。こう いった素材を使用することで、各料理は極上の美味しさと見事なプレゼンテーションを 持つことができます。私たちのゲストに感動を提供することが私の目標です。」と彼は 強調します。


長時間の厳しい作業が要求される料理業界では、休息と仕事のバランスを保つことは非常に困難なことです。毎年8月に 3週間の休暇を設けています。「私たちはチーム全員が休息を取り、自分自身を再充電 することが大切だと考えています。この休息期間により、我々は新たな創造性と活力を 持って仕事に戻ることができます。」と彼は語ります。


「Seta」:ミラノのダイニングシーンをリードする存在

シェフ・アントニオ・グイダの技術力、革新的なアプローチ、そして卓越への追求が、 「Seta」をミラノのダイニングシーンの指標としました。彼の作り出す料理は、ゲストを 喜ばせ、忘れられない美食体験を創り出し続けています。

 

Seta Restaurant

📞 +39 02 8731 8897 📍Via Monte di Pietà, 18, Milan


Comments


bottom of page