top of page

ブルガリがローマのハイジュエラーによる史上最も特別なハイエンドコレクション「エテルナ」を発表

2024年5月20日(ROME, IT)– ブルガリの故郷であり、常にインスピレーションの源である永遠の都、ローマにて、ハイジュエリー、ハイエンドウォッチ、ハイエンドバッグ、そしてハイエンドフレグランスと500点を超える貴重なコレクション「エテルナ」を発表しました。ブルガリにとって大きな節目となる創業140周年を、息を呑むようなイベントで祝いました。


森 星/Getty Images


洗練された華やかなイベントは、世界で最も素晴らしい歴史的建造物のひとつで、永遠の都、ローマにある美しい野外博物館「テルメ・ディ・ディオクレツィアーノ」で開催され、この記念すべき日のためにブルガリのみに与えられた特別な機会となりました。

古代ローマ時代最大の浴場とされ、一度に3000人を収容できた13ヘクタールの広さを持つ複合施設は、西暦298年から306年にかけて建設され、現在では見事な彫刻や遺跡で彩られています。


ブルガリのブランド アンバサダーであるアン・ハサウェイ、プリヤンカー・チョープラー、リウ・イーフェイ、スー・チー、森 星、アレッサンドロ・ガスマンを含む世界中のゲストが、テルメ・ディ・ディオクレツィアーノの重層的な美しさ、時代を超越したブルガリのハイジュエリーのクリエイション、そして最先端のパフォーマンスのスピリットを楽しみました。


アン・ハサウェイ/Getty Images


Photo by Greg Williams


この記念すべき特別な日を祝うために、ブルガリのブランド アンバサダーであるプリヤンカー・チョープラーは、ブルガリがこれまで製作した最も貴重なハイジュエリーである「セルペンティ エテルナ」のネックレスを着用しました。Dフローレスダイヤモンド7石(合計140.00カラット)、バゲットダイヤモンド698石(61.81カラット)をあしらったこの素晴らしいネックレスは、完成までに2,800時間以上を要し、ブランドのヴィジョンを定義してきた創造性、専門性、大胆さを見事に融合させています。


長い修復工事を終え、最近一般公開が再開されたばかりテルメ・ディ・ディオクレツィアーノのかつて存在した大きな屋外プールの上に建てられた親密な空間、キオストロ・ルドヴィージで華やかなジュエリーショーを開催しました。カリーヌ・ロワトフェルドがスタイリングを手がけたこのショーには、マリアカルラ・ボスコーノ、ブレスニャ・ミンハー、エリザベッタ・デッシー、イザベラ・ロッセリーニ、カーラ・ブルーニ、ジャコモ・カヴァッリなど、アイコニックなキャストが登場しました。


サデック・ベラバ(左)とエレオノーラ・アバニャート(中)/Getty Images


サデック・ベラバと80人のダンサーたち/Getty Images


ジュエリーショーが始まる前には、フランス人振付家でダンサーのサデック・ベラバとローマ歌劇場バレエ団の芸術監督であるバレエダンサー、エレオノーラ・アバニャートによる詩的なデュエットが披露されました。彼らはクラシックダンスとコンテンポラリーダンスをミックスし、ブルガリの過去、現在、未来を融合させる力を称え、永遠の芸術作品に命を吹き込みました。彼らのパフォーマンスに続いて、サデック・ベラバと80人のダンサーたちによる魅力的な振り付けが披露されました。彼らはシンクロして動き、サデック・ベラバの特徴的な芸術的演出を完璧に体現しました。


また有名な画家であり、彫刻家であるミケランジェロにちなんで名づけられた浴場のキオストロ・ディ・ミケランジェロでガラディナーが開催され、イタリアのミシュランの星を獲得したシェフ、マッシミリアーノ・アライモによるこのイベントのために特別に考案したメニューでゲストをもてなしました。ディナーの後は、国際的に高い評価を受けているイタリア人アーティストでシンガーソングライター、エリサによるライブパフォーマンスが行われました。


この機会に、オランダ人デザイナー、サビーネ・マルセリスが制作した没入型インスタレーション「Vista Aetern」が、ブルガリ財団の後援のもと、ローマ市に寄贈されました。ローマの都市景観を現代的に解釈したこの作品は5月19日から6月15日まで、ローマのシンボルであるスペイン広場に展示されています。反射するカラーミラーで飾られた12本のトラバーチンの柱で構成され、夜明けから夕暮れまでの太陽の軌跡をなぞるように、一日中絶えず回転し、動くたびに太陽光をとらえて屈折させ、暖かみのある太陽の色調のスペクトルを周囲に投影します。刻々と変化する景色を提供するーそれは、永遠の都の輝きとその建築遺産を讃えるものです。


Bulgali

Vista Aeterna

Bulgali
 

BULGARI


Comments


bottom of page