top of page

シェフのアンヌ=ソフィー・ピックとディオールのコラボレーションが実現

世界で最もミシュランの星を多く獲得した女性シェフ、アンヌ=ソフィー・ピックとディオールが、いまだかつてない長期的なコラボレーションを結び、クリエイティブで魅力的な対話が誕生。その第一章が日本で幕を開けます。


Dior アンヌ・ソフィー=ピック

(C) Mathilde Hiley


クチュールとガストロノミー。フランスの「アール ドゥ ヴィーヴル(暮らしの美学)」のエスプリを体現するこの2つのカテゴリーが生み出す卓越したユニークな出会いは、これから、いくつもの季節と年月を重ねプロジェクトの中で進化を続けていきます。


アンヌ=ソフィー・ピックが総指揮を執るレストラン「ムッシュ ディオール」は2025年以降に大阪で一般公開予定。そのプロジェクトの前奏曲として、関西国際空港第2ターミナルにオープンしたディオール ブティックの横に併設された「カフェ ディオール バイ アンヌ=ソフィー・ピック」にてクリスチャン ディオールのレガシーからインスピレーションを得たケーキとペイストリーのセレクションを考案しました。


Dior アンヌ=ソフィー・ピック

(C) Mathilde Hiley


コラボレーションにあたり、メゾンのアーカイブを深く掘り下げ、創設者クリスチャン・ディオールと彼の「夢の王国」の歴史に魅了された彼女は、エクスクルーシブに提供されるセレクションに象徴的な「トワル ドゥ ジュイ」や「カナージュ」「千鳥格子」そしてレオパードのモチーフや、コンパスローズといった、美しくアイコニックな「30モンテーニュ」のシグネチャーコードをまとわせました。


ムッシュ ディオールが「とても重要な装飾品」として大切にしていたクチュールボタンもまた職人技ともいえるクリエイションでメニューの中に息づいています。クチュールとガストロノミーの詩的な融合は、魅惑的で多様な感覚にあふれる体験を提供し、ディオールの絶え間なく更新されるレガシーを再発見していきます。 エレガンスとグルメの創意工夫の賜物であり、複雑ですばらしいアロマは、革新と夢を絶やさないこの一流クリエイターアンヌ=ソフィー・ピックの大胆さと情熱を体現しています。


DIOR アンヌ=ソフィー・ピック

(C)Daici Ano


アンヌ=ソフィー・ピック

(C)Daici Ano


 

ディオール 関西国際空港

「カフェ ディオール バイ アンヌ=ソフィー・ピック」


〒549-0011大阪府泉佐野市泉南郡泉南郡田尻町泉州空港中1番地


関西国際空港第1ターミナルビル2階



Comments


bottom of page