top of page

フォーシーズンズ・ホテル・ソウルのヘッドペストリーシェフ、ジミー・ブーレイと巡る素晴らしいペストリーの旅

フォーシーズン・ホテル・ソウルは、フランス料理の芸術性と体験的な創造性と体験的な創造性を韓国の首都に融合させ、2022年にヘッドペストリーシェフとしてジミー・ブーレイ氏を迎えることを発表しました。


パティシエ、ショコラティエとして世界の料理界をリードしてきたブーレイ氏の経歴は、パリの代表的な洋菓子店フォションから始まり、ピエール・ガニェールの「スケッチ」、「ル・ムーリス」、「ザ・リッツ・カールトン東京」、「コンラッド大阪」など、世界的に有名なレストランを渡り歩いてきました。アラン・デュカス、セドリック・グロレ、ヤニック・アレノ、ヨリック・ティエッシュといった伝説的な料理人のもとで修業を積んだブーレイは、その画期的な才能を発揮し、フォーシーズンズ・ホテル・ソウルの8つの多彩なレストランとバー、そして広大なバンケット業務のペストリーを統括しています。彼の料理の旅は、多様な伝統と修行、そして変化を遂げた経験の魅力的な融合であり、これらの要素がブーレイ氏を同世代で最も輝く料理界のスターへと形作りました。


Jimmy Boulay, Head Pastry Chef at Four Seasons Hotel Seoul
Jimmy Boulay, Head Pastry Chef at Four Seasons Hotel Seoul

料理芸術家の起源:シェフ、ブーレイの形成期

ブーレイ氏のペストリーに対する情熱のルーツは、幼少期に体験した、砂糖で作られた幾何学的な芸術作品の展示会まで遡ります。この出来事は、彼が料理の世界を科学と芸術の魅力的な融合の場として捉えるきっかけとなった重要な瞬間でした。ブーレイ氏はさらに深く掘り下げることを決意すると、ペストリー、チョコレート、製菓に焦点を当てた専門的なアカデミック・トレーニングを始めました。卒業後、初めての職場はフォションで、フォションの伝統と指導者たちが、彼の料理への情熱にさらに火をつけました。

パティスリー作りの科学的な側面と芸術的な側面を融合させるという彼独自の才能は、初期の頃から変わりません。


科学と感覚を融合する分子ガストロノミー

ブーレイ氏の料理イデオロギーの礎は、科学的アプローチ、特に分子ガストロノミーの習得にあります。この専門分野は、シェフが食材の物理的・化学的特性を変化させ、斬新な食感や風味を生み出すことを可能にします。これらの特性を分子レベルで理解することで、ブーレイ氏は従来の予想を裏切るデザートを作り上げ、私たちに驚きと喜びの感覚的な旅を提供しています。実験室のような厨房で繰り広げられる彼の魔術は、それぞれの食材の可能性を深く理解することで、知的好奇心をくすぐり、舌を満足させる料理のレパートリーを生み出しています。


Mango Flower Tart Four Season hotel Seoul

Mango Flower Tart


「マル・ラウンジ」で味わう季節のピンス・シンフォニー

フォーシーズンズ・ホテル・ソウルでは、5月から9月までの期間、ロビーラウンジ「マル」にて魅力的なピンスメニューを楽しむことができます。地元産の新鮮な食材、オーガニックミルク、天然甘味料が織りなすハーモニーを、フォーシーズンズならではのセンスでお楽しみください。


中でも「ハチミツとイチジクのピンス」は、地元産のハチミツの温かさとイチジクのジューシーなコクを組み合わせた秋の味覚を楽しめます。一口ごとに複雑な食感と風味のタペストリーを生み出すというシェフのこだわりを見事に体現した一品です。他にも「アップルマンゴー・ガーデン・ピンス」や「マル・ピンス」などがあり、それぞれ季節の味と食感のユニークなブレンドで舌鼓を打ちます。


料理のレパートリーを常に新鮮で季節感のあるものにすることで、ブーレイ氏はデザートを通してゲストに知的好奇心と喜びをバランス良く提供するデザートを創作し、同時にコミットメントを示しています。

ソウルでの食の冒険を前に

フォーシーズンズ・ホテル・ソウルの指揮を執るブーレイ氏は、これから待ち受けている料理のチャンスに情熱を燃やしています。「東洋の料理や食材にはいつも興味をそそられますが、韓国には独特の食文化があり、それを探求したいと思っています」

新しい食材、技術、文化的なニュアンスを発見するのが大好きなブーレイ氏は、韓国の伝統的な要素と前衛的な西洋の技術を融合させ、他に類を見ない食体験を提供するために、まったく新しい次元のペストリー芸術を紹介する準備を整えています。


Peach Tart

Mille-feuille

Chocolate Delight

Comentarios


bottom of page