top of page

ペースギャラリーが東京に進出、副社⻑に服部今日子が就任

開業後間もない麻布台ヒルズに今年、ペースが新しくギャラリーをオープンします。また、このギャラリーの立ち上げの指揮を、服部今日子氏が務めることとなりました。服部氏は世界各地のペースのリーダーらと密に連携をとりながら、日本各地で急発展するアートシーンと、アーティストやクライアントとを結びつける役割を担います。服部氏がこれまで培ってきた日本のアート市場における専門的知見や、東京のアートコミュニティで活動する同業者とのネットワークを活かし、ペースの東京進出を支えます。また副社⻑として、日本のアートシーンのさらなる成⻑に注力します。



服部氏は、直近ではフィリップス・オークショニアズ日本代表を務めました。2016年のフィリップス東京オフィス立ち上げにあたっては、日本でのブランドの確立、コレクターとの関係構築と、オークションへの作品出品の責任者として重要な役割を担いました。代表的な出品作品には、前澤友作氏が所蔵していたジャン=ミシェル・バスキアの重要な絵画も含まれます。服部氏のリーダーシップのもと、フィリップスは日本におけるグローバルオークションハウスとしての地位を築きあげています。服部氏は東京大学経済学部卒業後、金融サービスやコンサルティングの大手企業でキャリアを積み重ねました。現在、アジアを拠点とする大手保険会社「FWDグループ」の社外取締役も務めています。


服部今日子氏のコメント

「ペースギャラリーに加わり、東京のギャラリー立ち上げに携われることを大変嬉しく思います。日本のアーティスト、 そしてコレクターや美術館が世界のアート界とのつながりをさらに深め、日本のアジアにおける文化・アートの中心地としての躍進に貢献できることを光栄に思っております」


ペースギャラリー社⻑ サマンサ・ルーベルのコメント

「服部がもたらしてくれるのは、日本と世界のアート市場における⻑年の経験だけでなく、日本と世界各地のキュレータ ーやコレクター、アーティストと培ってきた関係性です。ペースにとって、彼女の素晴らしいエネルギーと知識は大きなプラスとなります。今日子と日本のチームによって、日本の歴史的文化と現代文化の両方が持つ活気と深みが、我々のコ ミュニティ全体に素晴らしい影響を与えてくれるでしょう」


東京・新ギャラリーについて

ペースがギャラリーをオープンする麻布台ヒルズは、東京の中心地に位置しています。3フロアにわたるスペースは総面積510平方メートル、建物設計は英国の建築家、トーマス・ヘザウィックが手掛けています。ギャラリーの内装は、人間の身体、自然界、建築デザインの共存をテーマとする建築家、藤本壮介が担当します。1階と2階には、合わせて約280平方 メートルの展示スペースが広がります。3階には、なだらかな丘陵を思わせる建物の景観コンセプトと調和する屋外テラス を併設しています。

 

ペースギャラリー


ウェブサイト


写真の提供:ペースギャラリー


Comments


bottom of page