top of page

第36回東京国際映画祭が開幕し、豪華俳優陣がレッドカーペットに集結

10月23日(月)東京ミッドタウン日比谷にて第36回東京国際映画祭が幕を開け、東京の中心地に位置するミッドタウン日比谷が華やかな輝きに包まれました。今年はコロナ禍による制限緩和により、総勢2000名に及ぶゲストが招待され、従来の賑わいを取り戻しました。


『正欲』のキャスト陣

東京ミッドタウン日比谷のステップ広場から日比谷仲通りにかけて敷かれた165mのレッドカーペットには、トップバッターとしてクロージング作品『ゴジラ-1.0』から山崎貴監督、神木隆之介、浜辺美波が登場。その後、フェスティバル・ナビゲーターの安藤桃子が父であり俳優・監督として活躍する奥田瑛二と、去年に引き続き今年のポスタービジュアルの監修を担当したコシノジュンコと共に登場。終盤には、今年度のコンペティション部門審査委員長であるヴィム・ヴェンダースが監督・脚本を務めたオープニング作品『PERFECT DAYS』より、役所広司ら出演者とプロデューサー・スタッフを含めた総勢23名と一緒に登場し、会場は熱気に包まれました。


続くオープニングセレモニーは東京宝塚劇場で開催。オープニングアクトとしてヴァイオリニストの川井郁⼦が登場し、スペシャルパフォーマンスで『ラストエンペラー』、『ジョーズ』、『宇宙戦艦ヤマト』、『サウンド・オブ・ミュージック』の4曲を五重奏楽団とともに披露しました。また西村康稔経済産業省経済産業大臣の祝辞と岸田文雄首相のビデオコメント、今年度の特別功労賞受賞者であるチャン・イーモウ監督が登壇しての表彰が執り行われるなど、盛りだくさんの内容で参加者たちを魅了しました。


その後、安藤桃子監督が登場しナビゲーター任命に対しての想いと映画祭開催に向けた意気込みについて熱く語りました。さらに、今年の各部門と審査委員が紹介され、コンペティション部門の審査委員長であるヴィム・ヴェンダースの挨拶では、映画祭に向けての想いとユーモア溢れるスピーチを披露。オープニング作品からは、役所広司ら出演者・プロデューサーの11名が登場し、映画の見どころについて明かしました。最後はチェアマンの安藤裕康による開催宣言で式を締め括りました。


映画祭は2023年11月1日まで、豊富な上映作品とともに東京都内の日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区で開催されます。詳細は公式サイトwww.tiff-jp.netでご覧下さい。


写真の提供:東京国際映画祭 プロモーショングループ


Comments


bottom of page