top of page

ジョバンニ・カーマイン氏が語る、2023年のUnlimited Art Basel:芸術の魅力と多様性が光る世界的な展覧会

UnlimitedはArt Baselの革新的なセクションであり、パンデミックによる厳しい時期を乗り越え、2023年に華麗なる復活を遂げる予定です。76のプロジェクトが展示され、活気、多様性、そして芸術的な技巧に溢れた展覧会となることが期待されています。Unlimitedのキュレーター、ジョバンニ・カーマインとの対談で、今回の展示に対する彼の洞察を探ります。Unlimited 2023は、アート愛好家はもちろん、一般の人々にとっても、真に国際的な展覧会に深く浸る絶好の機会を提供します。カーマインは、世界各地のアーティストが多種多様な芸術媒体を活用していることを強調し、この展覧会の多様性を際立たせています。これら多彩な作品は、熟達したアート愛好家だけでなく、現代アートに初めて触れる人々にも魅力的です。


Giovanni Carmine

緻密な選定と多角的な視点

Unlimitedのアート作品のキュレーションは非常に緻密です。カーマインは、選定プロセスにおいて、様々な要因を慎重に考慮する必要があると語ります。


「世界中の一流のアーティストが所属するギャラリーから数多くの応募が寄せられ、その中から精鋭を選ぶことができます。どれほどのクオリティがあるのか、今何が話題なのかを深く理解する必要があります。」とカーマインは語ります。彼はギャラリーと緊密に連携し、選ばれたプロジェクトがUnlimitedのビジョン、すなわち現代のアートシーンの幅広い展望を反映しているかを確認するよう心がけています。


Unlimitedのユニークな特徴の1つは、既に確立されたアーティストと新進の才能が調和して共存していることです。カーマインは、特定のテーマに縛られていないことが、多様なバックグラウンドや世代のアーティストを選定する際に利点となっていると考えています。新進のアーティストと著名な巨匠が並ぶことで、アーティストと観客双方にとって刺激的で豊かな体験が生まれます。Unlimitedの包括的な性格は、異なる芸術的な声が交錯する対話を観客に目の当たりにさせます。「最終的には、非常にシンプルな方法で選定を行い、現在のアートワールドでどんな動きがあるのかを示すのです」と彼は付け加えます。


境界に挑む姿勢と見どころ

Unlimitedは、伝統的な芸術形式の境界に挑戦することで評価されています。「展覧会のために特別に制作された多くの新作には非常に感銘を受けています」と、カーマインは展覧会のために特別に制作された作品に対する情熱を表明します。

Yuki Kimura “COL SPORCAR SI TROVA”, installation view at Kunstverein für die Rheinlande und Westfalen, Düsseldorf, 2022.

Courtesy of Taka Ishii Gallery / Photo/Cedric Mussano


特に注目すべきハイライトとして、木村ゆき氏による建築と彫刻の交差点を探る繊細かつ深いインスタレーションが挙げられます。また、ルバイナ・ヒミド氏の1980年代の歴史的なインスタレーションは、現代でも切実な政治的な問題に深く焦点を当てています。これらの作品をはじめとする魅力的な展示は、すべての来場者に感動的な体験を約束しています。「クリスチャン・マークレイの最新のビデオから、今注目されるアメリカのアーティストの一人であるダイヤモンド・スティンギリーまで…ぜひお越しください、Unlimitedをお楽しみいただけます」と彼は語りかけます。


カーマインは、作品そのものの魅力が観客の関心を引き出すと信じています。Unlimitedの構成は、来場者が考えさせられる作品に偶然出会い、他のアート愛好家や知識豊富なスタッフと議論に参加することを奨励します。このプラットフォームの開かれた包括的な性格は、対話を促進し、Unlimitedをダイナミックで魅力的なアート展覧会として成功させる要因となります。

Diamond Stingily How Did He Die 2016 Video, black-and-white, sound, chain-link fence , MediumBlack and white video, stereo sound,



キュレーターとしての深い洞察

Kunst Halle Sankt Gallenのディレクターとしての豊富な経験やヴェネツィア・ビエンナーレなどの著名なイベントへの関与を通じて、カーマインはキュレーターとして幅広いネットワークと洞察をUnlimitedに持ち込んでいます。彼は多様なアーティストとの共同作業を通じて、異文化間のコラボレーションを促進する能力を持っており、これが彼をこの特別なイベントの監督に最適な人物としています。


カーマインはアート市場に対して楽観的な見通しを持っています。「アート界が拡大するにつれて、市場も多様で魅力的になると考えています」と彼は述べます。現代アートに対する世界的な関心の高まりに伴って、市場も多様で魅力的になっています。異なる地域からの独自の視点が持ち寄られ、コレクターが自分の文化的、感情的な感覚に訴えかける作品と繋がる機会が増えています。市場の予想される成長は、活気に満ち、多様性に富んだアートの世界を刷新するでしょう。


Unlimited Art Basel 2023は、国際的な代表性、多様な選定プロセス、そして深く考えさせるアート作品で観客を魅了します。ジョバンニ・カーマイン氏の緻密なキュレーションのもと、この展覧会は、芸術が境界を超えて議論を刺激し、アート界の未来を形作る力の象徴となっています。

Commentaires


bottom of page