top of page

新国立劇場で全幕バレエ『アラジン』の再演が決定

2008 年にビントレー元芸術監督が新国立劇場のために振り付けた全幕バレエ『アラジン』を再演します。 エンターテインメント性と芸術性が見事に調和した本プロダクションは、新国立劇場での初演後、英国バーミンガム・ロイヤルバレエや米国ヒューストン・バレエなどで上演され、ビントレーの代表作として国際的にも高い評価を得ています。空飛ぶじゅうたんやランプの精の登場シーンなど夢いっぱいの作品で、バレエを初めてご覧になるお客様、そして大人から子どもまで全ての世代の方々にもお楽しみいただける人気演目です。


Aladdin

見どころ

エンターテインメント性と芸術性が見事に調和した新国立劇場バレエ団オリジナル作品

2008 年にビントレー元芸術監督が新国立劇場バレエ団のために振り付けたバレエ作品です。英国バーミンガム・ロイヤルバレエや米国ヒューストン・バレエなどでも上演され、彼の代表作として国際的にも高い評価を得ています。エンターテインメント性と芸術性が見事に調和した作品で、演出・振付の妙味に加えて、カール・デイヴィスの親しみやすい音楽、空飛ぶじゅうたんやランプの精の登場シーンなど、魔法のような演出は必見です。


どなたにも分かりやすいストーリー展開

バレエ『アラジン』は貧しい青年アラジンがプリンセスやランプの精・ジーンと出会い、お金や権力よりも大切なものがあるということに気づく成長物語です。分かりやすく、誰もが共感できる普遍的な魅力を持つストーリーで、バレエを初めてご覧になるお客様にもお楽しみいただけます。


個性溢れる多彩な踊り

アラビアンナイトの原作では中国が舞台の『アラジン』。このプロダクションではその要素も取り入れられていて、ライオンダンスやドラゴンダンスも登場します。アラジンとプリンセスの幸福感広がるパ・ド・ドゥはもちろん、洞窟の場面での宝石たちの踊りや、ジーンとお付きたちのエネルギッシュな踊りなど、個性溢れる多彩な踊りが展開され、グランドバレエの醍醐味をご堪能いただけます。


Aladdin

2019年公演より、撮影:鹿摩隆司


ものがたり

にぎやかなアラビアの市場。この街に住む青年アラジンは、仕事もせずに毎日遊んでばかり。今日も騒ぎを起こして警備隊に捕まるが、魔術師マグリブ人が彼を助け出す。マグリブ人はアラジンに、砂漠の洞窟に入ってランプを取ってくるようもちかける。洞窟の財宝に目が眩んで了承したアラジンだったが、マグリブ人にランプを渡すのを拒んだため洞窟に閉じ込められてしまう。真っ暗闇の中でアラジンがランプをこすると、ランプから精霊ジーンが登場!ランプの持ち主の願いを叶える力を持つジーンによって、アラジンは洞窟から脱出する。


さらに、皇帝の娘であるプリンセスに恋したアラジンは、ジーンを呼び出し大富豪に変身。皇帝の許しを得て 2 人は盛大な結婚式を挙げる。晴れて夫婦となったアラジンとプリンセス。ある日、アラジンの外出中に物乞いがやってきて、プリンセスに古いランプを新品と交換しようと誘う。何も知らないプリンセスは、アラジンの古ぼけたランプを渡してしまう。しかし、この物乞いは変装したマグリブ人だった。マグリブ人はさっそくジーンを呼び出し、プリンセスをハーレムへさらってしまう。2 人を追いかけ、ハーレムに忍び込んだアラジンはランプを奪還。プリンセスを救いだし、魔法の絨毯に乗って飛んで行くのだった。

 

新国立劇場バレエ団『アラジン』


公演日程:

6 月 14 日(金)19:00

6 月 15 日(土)13:00/18:30

6 月 16 日(日)14:00

6 月 19 日(水)14:00

6 月 21 日(金)13:00

6 月 22 日(土)13:00/18:30

6 月 23 日(日)14:00


会場: 新国立劇場 オペラパレス


予定上演時間: 約2時間40分(休憩含む)



画像の提供:新国立劇場バレエ団

Kommentare


bottom of page