top of page

煌めく日本酒の祭典:六本木で開催された「CRAFT SAKE WEEK 2023」

東京・六本木ヒルズアリーナにて、全国から選りすぐりの100蔵が一堂に会する日本最大級の日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK 2023 at ROPPONGI HILLS」が4月21日から30日まで盛大に開催されました。


この壮大なイベントは、元サッカー日本代表の中田英寿氏が代表を務める「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」が主催。日本全国に点在する1400蔵以上の中から、緻密に選ばれた100蔵が10日間にわたって毎日10蔵ずつ登場しました。


イベント期間中の10日間は、それぞれ異なるテーマに沿って蔵がラインアップされました。初日は「AWASAKEの日」をテーマに、「水芭蕉」(群馬県)など名高い酒蔵から、世界で注目を集める日本酒のスパークリング酒が中心的に提供されました。最終日には、「チーム十四代の日」をテーマに、銘酒「十四代」をはじめとする10蔵が自慢の逸品を披露し、多くの日本酒ファンを魅了しました。



建築家 田根剛氏

また、期間中には予約困難な15の人気レストランが出店し、日本食をはじめ、フレンチ、イタリアン、タイ料理など、各店のシェフが日本酒に合うオリジナルメニューを提供しました。


さらに、会場デザインはフランス・パリを拠点に活動する建築家、田根剛氏が手がけました。彼の「Mass=枡」をコンセプトにしたデザインは、約3000個の枡を会場前面に広がるように積み上げることで、圧倒的な存在感の中にも木に包まれた柔らかな空間を創り出しました。


コメント


bottom of page