top of page

マリア・ネポムセノ「Nasci de uma flor / 私は花から生まれた」

nca | nichido contemporary artは、ブラジル人アーティスト、マリア・ネポムセノによる日本での初個展、「Nasci de uma flor / 私は花から生まれた」を開催します。


マリア・ネポムセノ

©Maria Nepomuceno


マリア・ネポムセノはブラジルの伝統工芸にインスピレーションを得て、カラフルな糸やビーズ、ユニークなセラミックフォーム、拾ったオブジェを組み合わせ、有機的な彫刻やインスタレーションを制作する独自の技法を開発してきました。リオのカーニバルを想起させるような鮮やかで豊かな色彩で表現される作品は、ブラジルの文化や風習、自然環境、動物などミクロからマクロに至るまでさまざまなものを示唆しています。ネポムセノの自由で流動的、有機的な形態が空間を覆い、時に共感覚を触発します。近年はブラジル北部のアクレ州に住む先住民族フニ・クインの人々と協力して織物の技術を開発するなど、地域のコミュニティーに入りフィールドリサーチを通したプロジェクトも多く行っています。



Maria Nepomuceno / マリア・ネポムセノ

1976年リオデジャネイロ生まれ、リオデジャネイロ在住。

2003 - 2004 School of Visual Arts of Parque Lage, Art and Philosophy リオデジャネイロ

2003 - 2004 School of Visual Arts of Parque Lage, Art and Philosophy, リオデジャネイロ


主な個展にInstituto Artium de Culturalサンパウロ (2023) / Lugar Comum サルバドール (2022) / SCAD Museum of Art サバンナ、アメリカ (2022) / Sikkema Jenkins & Co., ニューヨーク (2022) / Portico Library マンチェスター (2021) / Sikkema Jenkins & Co., ニューヨーク (2019) / A Gentil Carioca リオデジャネイロ (2018) / Stavanger Art Museum スタヴァンゲル、ノルウェー (2017) / Victoria Miro ロンドン (2016) など国内外の多くの美術館や国際展に出展している。


主なコレクション:Catherine Petitgas Collection (ロンドン) / グッゲンハイム美術館 (ニューヨーク) / インスティテュートオブコンテンポラリーアート(マイアミ) / ホセ・オリンピオコレクション (サンパウロ) / l / マガサンIII (ストックホルム) / マラ&マルシオ ファインジルベル コレクション(リオデジャネイロ)l / Marc and Livia Straus Family Collection (ニューヨーク) / ニテロイ現代美術館 (ブラジル)/ リオデジャネイロ美術館 (リオデジャネイロ) /バイーア現代美術館 (サルバドール) / リオデジャネイロ現代美術館 (リオデジャネイロ), ボストン美術館 (ボストン) /ペレス美術館 (マイアミ) / ルべルファミリーコレクション (マイアミ) / タグチ・アートコレクション (東京) 他、プライベートコレクション

 

マリア・ネポムセノ「Nasci de uma flor / 私は花から生まれた」


会期:2024年5月31日(金)- 7月6日(土)


営業時間:火 – 土 11:00 - 19:00 (日・月・祝日休廊)


場所:nca | nichido contemporary art


Commentaires


bottom of page