top of page

√K contemporary が「絹谷幸太展 -宇宙からのまなざし ―」を開催

√K contemporary にて、2024年4月13日(土)~5月25日(土)にかけて、石彫のアーティスト、絹谷幸太の都内最大規模の個展を開催。本展では、地下から2Fにかけて大型のインスタレーション作品から小品までを展示し、石の声を造形化する絹谷の制作姿勢を五感で体験していただける機会となります。


A Gaze from Outer Space

絹谷幸太は、イタリアのローマとヴェネチアで幼少期を過ごし、日常の中で石畳や噴水彫刻に触れ、石の心を感じ取ったという原体験をもとに、そのメッセージを表現しています。在学中から遺跡や古代石彫の学術調査など、石の研究や海外での滞在制作などを行い、その活動の中で、ブラジルの青色花崗岩に魅せられた絹谷は、東京藝術大学大学院卒業後の2003年から文化庁新進芸術家海外留学制度によりサンパウロ大学大学院に留学しました。2008年にはブラジル日本移民百周年記念モニュメントを制作し、サンパウロ州カルモ公園にて設置しました。


絹谷の作品の最大の魅力は、その作品に触れることで、改めて人間の五感に気づかされる点にあります。絹谷はそれを「創知(そうち)彫刻(ちょうこく)」と名付け、自身の作品は鑑賞するだけでなく、触れて素材と対話してほしいと言います。石に刻まれた地球創生時から現在までの記録と記憶。それらが結晶化された素材そのものの模様や形と対峙し、触れることで未来を創造する「知」を得る。絹谷は途方もない悠久の時空間を内在させるかのような造形をすることで、鑑賞者に石のメッセージを伝えています。


本展に出展するメイン作品の一つ、「Infinite Arc/無窮(むきゅう)の弧」は半径数kmに及ぶ極大円環構造の一部を構成するような作品となり、可視化されている領域外に、どこまでも続く不可視の無限の繋がりを感じさせます。鑑賞者にこれから創造する世界のあり方を提示するかのような絹谷の作品群は、国境や人種という枠組みを超えて「地球人」として生きる私たちに、数百年、数千年の時を超えて地球や人類があるべき姿を提示します。


A Gaze from Outer Space
 

絹谷幸太展 -宇宙からのまなざし ―


会期: April 13 (Saturday) to May 25 (Saturday), 2024


会場: √K Contemporary (〒162-0836 東京都新宿区南町6)


Comments


bottom of page