top of page

チームラボ「teamLab: Mangrove Island at Manar Abu Dhabi」、アブダビ・サマリヤ島のマングローブを光によって変化し続けるアート空間に

アート集団チームラボは「teamLab: Mangrove Island at Manar Abu Dhabi」(チームラボ マングローブアイランド・マナールアブダビ)を、アブダビ・サマリヤ島で、2023年12月21日(木)から開催しています。アブダビ・サマリヤ島のマングローブが、光によって永遠に変化し続けるアート空間となります。本展は、グループ展「マナール・アブダビ」の一環として開催され、会期は、2024年1月30日(火)まで。


チームラボ アブダビ

teamLab, Pillars that Dance with the Wind, 2023 (work in progress), Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi © teamLab, courtesy Pace Gallery


マングローブの森が広がるサマリヤ島が作品空間となり、その作品空間は、その場所にいる人々のふるまいの影響を受けてインタラクティブに変容します。


呼応する小宇宙》では、ovoid(卵形体)が人に押されたり風に吹かれたりすると、その光を強く輝かせ音色を響かせ、自ら立ち上がります。周辺のovoidも次々に呼応し、同じ光を輝かせ、同じ音色を響かせ連続していきます。《風と共に踊る柱群》では、サマリヤ島のマングローブの森に吹く風の影響を受けて変容する作品で、風や雨、湿度など環境の影響を強く受け、柱群の動きや高さが大きく変化し、数も変わっていきます。また、柱群は来場者にもインタラクティブに反応しながら、風と共に動き続けます。構造とは流れの中に生まれるもので、混沌からの秩序を創り出すという概念を模索した作品です。自立しつつも呼応する生命と呼応する木々》では、ovoid(卵形体)が人にかき分けられたり、風に吹かれたりして倒れると、立ち上がりながら光の色を変え、色特有の音色を響かせます。その光は、その周辺のovoidと木々にも次々に呼応し、同じ色に変化し音色を響かせながら、変化していきます。我々の中にある巨大火花》は、無数の光線の集合による球体です。私たちは、見ている世界を認知しているわけではなく、認知している世界を見ている。


チームラボ アブダビ

teamLab, Exhibition view of teamLab: Mangrove Island at Manar Abu Dhabi, 2024, Samaliyah Island, Abu Dhabi © teamLab, courtesy Pace Gallery


細い光の線は、中心から放射状に無数に広がり、球体を形作ります。光源は動かないが、無数の線はうごめき続けます。球体には境界面がなく、作品と身体との境界の認識は曖昧である。球体に触れようとすると、物理的な境界面はないため、手は球体の中に入ります。


グループ展「マナール・アブダビ」は、「光のグラウンディング」をテーマとして、ルル島、コーニッシュロード、サマリヤ島、ファヒド島、ジュベイルマングローブ林、サーディヤット島、東部のマングローブ林など、アブダビ全土の主要地域で開催されます。世界中から集まった20名人以上のアーティストによる、アブダビ・サマリヤ島ならではの、光の彫刻やプロジェクション、没入型アートを含む、35作品以上の新しい作品が展示されます。


チームラボ アブダビ

teamLab, Exhibition view of teamLab: Mangrove Island at Manar Abu Dhabi, 2024, Samaliyah Island, Abu Dhabi © teamLab, courtesy Pace Gallery

 

催概要

teamLab: Mangrove Island at Manar Abu Dhabi


会期

2023年12月21日(木) - 2024年1月30日(火)


時間

17:00 - 24:45

*Yas Bay Dock(ヤス・ベイ・ドック)からサマリヤ島への最終ボートは22:30に出港します。


住所

アブダビ・サマリヤ島


ウェブサイト

Comments


bottom of page