top of page

蔡國強氏国立新美術館での展覧会 宇宙遊 ―〈原初火球〉から始まる

2023年6月29日、国立新美術館とサンローランは、世界中から賞賛と注目を浴びている現代美術家、蔡国強氏の個展「蔡国強 宇宙遊 ―〈原初火球〉からの探求」を開催することが決定しました。今回の展覧会は、国立新美術館の館長である逢坂恵理子氏が精魂込めて構築したものです。


蔡国強氏


1957年中国生まれの蔡氏は、1986年から日本での生活を開始し、その後9年間をかけて火薬を使用したユニークなスタイルを確立しました。彼の作品は東洋の古典的な哲学や思想に根ざしており、風水や占星術などと関連する宇宙や目に見えない世界に強く引き寄せられています。彼はまた、科学技術の進歩や現代社会の問題に対する敏感さを反映し、これを作品に取り込んでいます。特筆すべきは、火薬を巧みに活用し、神話的で人類学的な壮麗な世界観を描き出す火薬ドローイング、インスタレーション、そして屋外での爆発パフォーマンスなど、彼の大掛かりなプロジェクトが世界的な賞賛を博していることです。


1991年に東京のP3 art and environmentで開催された個展「原初火球 The Project for Projects」は、蔡氏が日本で活動を開始した初期に開催されたもので、彼のアーティストとしてのキャリアにおいて象徴的な展示でした。展示の中核をなす同名のインスタレーションは、火薬で描かれた7つの屏風ドローイングが放射状に配置され、彼が「地球外生命体へ」、「人類に対して」伝えたいメッセージを象徴しています。「原初火球」という言葉自体は、宇宙物理学と老子の宇宙起源論を元に、宇宙の始まりを指し示しています。


今回の展覧会「蔡国強 宇宙遊 ―〈原初火球〉から始まる」は、30年前の「原初火球」を彼の芸術の「ビッグバン」の出発点と位置付け、それがどのように生まれ、その後どのように展開していったかを追求する壮大な冒険になります。彼の中国での創作活動の旅路、日本で芸術家としてのアイデンティティを築いた時期、そして国際舞台での活動に至るまで、宇宙と目に見えない世界との対話をテーマにした作品群が展示されます。


国立新美術館の2000平方メートルの企画展示室1Eは、その開放感からまるで広場にいるかのような感覚を味わえます。この空間では、「原初火球」の歴史的なインスタレーションが再現されるとともに、新作の火薬絵画3点が展示されます。また、隣接するエリアでは、LEDを用いた大規模なキネティック・ライト・インスタレーション「未知との邂逅」が展示され、来場者は自由に歩きながら体感することができます。国立美術館のコレクションを含む、約50点の作品が展示される予定です。この展覧会では、蔡氏の深い洞察力と緻密な思考を持つ創造的な旅に皆様をご招待することを目的としています。

展覧会を構築した逢坂恵理子氏は、「蔡氏の作品は時空を超えた矛盾する要素を探求し、破壊と創造、静けさと動き、不可視と可視、混沌と秩序、そして誕生と死を捉える。これらは私たちに宇宙的な視点と存在の根源について深い洞察を提供してくれる」とコメントしています。一方で、蔡氏自身は、「30年前の『原初火球』の精神に立ち返ることは、自分自身との再会であり、宇宙への帰郷だ」と語っています。


この展覧会を通じて、来場者は蔡国強氏の創造的な精神に触れつつ、美術と宇宙の神秘を深く探求する旅に出ることができます。






 

会期

2023年6月29日(木) ~ 2023年8月21日(月)

毎週火曜日休館


開館時間

10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで


会場

国立新美術館 企画展示室1E 〒106-8558東京都港区六本木7-22-2


主催

国立新美術館、サンローラン


Comentarios


bottom of page