top of page

アレクサンダー・カルダーが日本で35年ぶりに個展を開催「カルダー: そよぐ、感じる、日本」

麻布台ヒルズギャラリー(麻布台ヒルズ ガーデンプラザA MB階)は、2024 年 5 月 30 日(木)から 9 月 6 日(金)まで、東京では約 35 年ぶりとなるアレクサンダー・カルダーの個展「カルダー: そよぐ、感じる、日本」を開催します。


アレクサンダー・カルダー

Un effet du japonais, 1941 Sheet metal, wire, rod, and paint 203.2 x 203.2 x 121.9 cm.


「カルダー: そよぐ、感じる、日本」と名付けられた本展は、アメリカのモダンアートを代表するカルダーの芸術作品における、日本の伝統や美意識との永続的な共鳴をテーマにしています。この展覧会は、ニューヨークのカルダー財団理事長であるアレクサンダー・S.C.ロウワーのキュレーションと、ペースギャラリーの協力のもと、カルダー財団が所蔵する1930 年代から 1970 年代までの作品約 100 点で構成され、代表作であるモビール、スタビル、スタンディング・モビールから油彩画、ドローイングなど、幅広い作品が展示されます。


カルダー自身は生前日本を訪れたことはありませんでしたが、日本の多くの芸術家や詩人に受け入れられました。それは、今日、彼の作品 20 点以上が日本国内 18 箇所の美術館に収蔵されていることからもわかります。本展の会場デザインを担当し、長年のカルダー財団の協力者でもあるニューヨーク拠点の建築家、ステファニー後藤は、カルダーが同時代の偉大な建築家たちとコラボレーションしていた精神にならい、3 : 4 : 5 の直角三角形の幾何学にもとづいた設計で、日本建築の要素や素材をエレガントかつモダンに展示空間に取り入れています。


「カルダー: そよぐ、感じる、日本」は、2024 年 7 月に麻布台ヒルズ内にオープンするペースギャラリーと麻布台ヒルズギャラリーとのパートナーシップの一環として開催されます。ペースギャラリーは 1984 年以来カルダーエステートと密接に協力しており、香港やソウルを含む世界各地の同ギャラリーでカルダーの展覧会を多数開催しています。また、今回の東京での展覧会にあわせ、ペース・パブリッシングより日英版のカタログが出版される予定です。


アレクサンダー・カルダー

Black Beast, 1940 Sheet metal, bolts, and paint 261.6 × 414 × 199.4 cm.

Photograph by Ken Adlard © Calder Foundation, New York.


アレクサンダー・カルダー

Seven Black, Red and Blue, 1947 Oil on canvas 122.2 × 153 cm.


Untitled, 1956 Sheet metal, wire, and paint 88.9 × 304.8 × 162.6 cm.

Photograph by Tom Powel Imaging © Calder Foundation, New York.

 

カルダー:そよぐ、感じる、日本


会期

2024 年 5 月 30 日(木) - 2024 年 9 月 6 日(金)


会場

麻布台ヒルズギャラリー

(東京都港区虎ノ門5-8-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザA MB階)


開館時間・入場料

決定次第、展覧会ウェブサイトにてお知らせ予定


ウェブサイト

4 月中旬公開予定



Comments


bottom of page