top of page

Atsushi Kagaの世界:うさぎの哲学とアイルランド・日本の文化の融合

アイルランドと日本、ふたつの異なる文化背景をもつアーティスト、Atsushi Kaga氏。彼の作品は独特な視点と深いストーリー性を持ち、多くの鑑賞者を魅了してきました。東京郊外での幼少期、映画を専攻することを考えていたがアーティストとしての道を選択した背景、そして古都・京都での滞在を通して得られた新たなインスピレーション。このインタビューを通じて、Kaga氏の情熱的な芸術観と、彼の作品が持つ深い哲学を探求しました。


Atsushi Kaga
Atsushi Kaga

Gen de Art: Kagaさんの幼少期について教えていただけますか? Kaga: 私は東京の郊外で、普通の子供と変わらない幼少期時を過ごしました。両親が共働きだったので、よく一人で家にいました。この時間を利用して、漫画に熱中し、地元の本屋やコンビニで沢山の漫画を読みました。この経験が私の芸術における表現方法、特に言語としての基盤を築きました。


Gen de Art: 元々は映画を専攻する予定だったと伺いましたが、アーティストとしての道を選んだ主要な理由は何ですか? Kaga: 私がアーティストとしての道を選んだ最大の要因は、ペインターとしての活動が私の持っている情熱や才能に最も適していると感じたからです。私の絵はストーリーやナラティブを持っていることが多いのですが、これは映画制作で追求したかった要素でもあります。しかしながら、絵画では、幼少期に愛読していた漫画の要素を容易に取り入れることができます。一方、映画では、アニメーションを制作しない限り、そのような要素を取り入れることは難しいでしょう。さらに、私自身が絵画の制作過程で一人の時間を重視する性格で、映画のような共同作業よりも絵画の方が私に合っていると感じました。


Gen de Art: Kaga さんの絵は可愛らしい動物たちのモチーフはどこでインスピレーションを受けたのですか? Kaga: 大学4年生の時に初めて考えるようになりました。それまでは、可愛らしい動物を絵のモチーフとして使用することは考えられませんでした。しかし、その時期に私自身の経験や感性がユニークであることに気付き始めました。私は今でも可愛らしいものや動物が好きですが、これは深く日本の文化や歴史に深く根ざした感性だと考えています。


Gen de Art: アイルランドのアートや伝統において、あなたの作風や思考に最も影響を与えたのは何でしたか? Kaga: アイルランドの倫理観や政治的な見方が私に最も影響を与えました。アイルランドは比較的若い国で、過去には他国の支配を受けていた歴史があります。その結果として生まれたアイルランド独特の政治的態度や倫理観は私の思考や価値観に深く影響を与えています。さらに、アイルランド人のユーモアのセンスも私にとって大切な要素であり、どんな状況でも笑いを見つけるその能力は、私の作品にも影響を与えています。


2021 年

「It always comes; a solace in the cat.」展示風景

MAHOKUBOTA GALLERY、東京

Photo by Keizo Kioku


Gen de Art: これまでに受けた質問やフィードバックのなかで、最も印象的なものは何でしたか? Kaga: よく受ける質問は「なぜうさぎなのか?」。この質問には簡単に答えられないのですが、私が描くうさぎが愛らしく、表情豊かで好きだからです。さらに、多くの国の童話や神話には、うさぎが擬人化されたキャラクターが登場します。これにより、鑑賞者たちは私の作品に感情移入しやすくなります。また、うさぎの持つちょっとした不器用さやイタズラ好きな性格を、私自身非常に魅力的に感じています。


Gen de Art: 2018年からの京都での滞在やスタジオ活動により、何か特別な変化や影響がありましたか? Kaga: 京都での滞在を通して、琳派の画家や若冲、尾形光琳といった日本の伝統的な画家たちの作品に深く共鳴するようになりました。特に琳派の独特のデザインや遠近法には多大な影響を受けました。もちろん、以前から北斎や国吉、広重といった江戸時代の画家たちにも異なる視点での共鳴を感じていましたが、京都での体験が私のアートにおけるアプローチの方法を新しい方向へと導きました。


Gen de Art: 日本人アーティストとして国際的な活動を続ける中での心得やアドバイスを教えてください。 Kaga: 国際的な舞台での活動は確かに難しいものがあり、異文化間のコミュニケーションでは障壁や誤解が生じることがしばしばあります。しかし、私の経験から、何よりも大切なのは自分を信じ続けることだと言えます。そして、異文化を受け入れる柔軟性とユーモアのセンスが重要であり、これは国や文化を超えた普遍的な言語です。


読者にメッセージ: 「近年、日本での活動が増え、多くの方に作品を知っていただけるようになり、それは不思議な感覚ですが、大変嬉しく思っています。今後も日本での発表の機会を増やしていく予定です。」

 

Atsushi Kaga's work

アーティスト:Atsushi Kaga

作品タイトル:Cucumber horse and aubergine cow

制作年:2022 年

サイズ:151 x 120 cm

素材:キャンバスにアクリル絵具、イミテーションの金箔

(Acrylic, imitation gold leaf on canvas)

Photo by Keizo Kioku


アーティスト:Atsushi Kaga

作品タイトル:Coming home

制作年:2022 年

サイズ:131 x 97 cm

素材:キャンバスにアクリル絵具、イミテーションの金箔

(Acrylic, imitation gold leaf on canvas)

Photo by Keizo Kioku


アーティスト:Atsushi Kaga

作品タイトル:Goodbye Chami-Chan (brown ears)

制作年:2022 年

サイズ:150 x 120 cm

素材:キャンバスにアクリル絵具、イミテーションの金箔

(Acrylic, imitation gold leaf on canvas)






Comments


bottom of page